top policy action nouvelle profile
         
         
つちや品子のあゆみ
       
1952〜1976年
誕生から独立まで
1976〜1979年
独立、仕事、社会へ
1979〜1996年
海外見聞録
1995〜2000年
衆議院議員に初当選
2000〜2003年
衆議院議員
二期目の当選
         
2003〜2005年
衆議院議員
三期目の当選
2005〜2009年
衆議院議員
四期目の当選
2009〜2012年
捲土重来を期して
2012〜2014年
衆議院議員
五期目の当選
 
         

2012年(平成24年)
■平成24年12月の選挙で五期目の当選を果たす。
 3年3か月という長い浪人生活でしたが、地域の皆様に励ましていただいたおかげで五期目の当選を果たすことが出来ました。
気持ち新たに心をつくして地域の為、日本のために働かせていただきたいと固く誓いました。

■当選直後の平成24年12月、自由民主党副幹事長に就任し、ふるさと対話集会の事務局長に。
 石破 茂 幹事長の元で働かせていただきました。党全体を俯瞰することが出来、多くを学ばせて頂きました。

■同時に平成24年12月には環境委員会筆頭理事に就任。
 環境行政は国民生活に密着しているだけに拓けた視野と細部に心を配るという両方の視点が大事だと考えて活動しました。

2013年(平成25年)
■平成25年9月~平成26年9月まで、厚生労働副大臣を務めさせていただきました。
 平成18年の環境副大臣に続き、厚生労働副大臣を拝命。
平成26年5月19日にはスイスのジュネーブで開催された「WHO総会に政府代表として出席、日本を代表し、医療・介護の今までの取り組みや今後の高齢化社会への対応策やグローバルな貢献等につてスピーチしました。

 平成25年12月11日にはイギリスの呼びかけで、世界初の「G8認知症サミット」がロンドンで開催されG8各国、欧州委員会、WHO、OECDの代表が出席しました。日本の高齢化と認知症の現状、認知症施策推進5ケ年計画(オレンジプラン)等について発表しました。帰国後、認知症サポーター養成講座を受講、私も「認知症サポーター」になりました。

2014年(平成26年)
■平成26年10月、衆議院外務委員長に就任。
 11月12日の第6回目の委員会では「原子力損害の補完的な補償に関する条約の締結について承認を求めるの件(条約第2号)を審議し、採決を行った結果、賛成多数をもって承認すべきものと決しました。

■同時に平成26年9月には地方創生実行統合本部、河村建夫本部長の元で事務局長代行に就任。
 石破 茂 地方創生担当大臣の元での活動として“長寿・子宝の島”奄美大島、徳之島を視察し、地域の方々と意見交換しました。徳之島では合計特殊出生率が2・81と全国で最も高い、大島郡伊仙町を訪問、町を挙げて「子は宝」「社会全体で子供を育てる」との概念が浸透しており「安心して子育てできる環境にあると伺い心強く思いました。

このページのトップへ▲
kitchen
 
owlsclub
 
support
 
minutes
 
link
 
 
   

つちや品子後援会
〒344-0062 埼玉県春日部市粕壁東2-3-40 グレースヒル橋本101
TEL:048-761-0475 FAX:048-763-3475
電子メール:otayori@owls.jp